時間差バトルロイヤル 出場者募集

 時間差バトルロイヤルとは、参加選手が1分ごとに入場し(スタート時は2名開始される)、3名以上のロボットが同時に戦い、自分以外は全て的という状況の中で、失格(場外に落下、もしくは3カウントフォールを奪われる)にならずに最後まで生き残ったロボットを勝者と認めるバトルスタイルです。

 ロボットプロレス「できんのか!」では、この時間差バトルロイヤルに参加するロボットを募集します。 ロボットであればどんなものでも構いません。我こそはというロボットがいましたら、是非チャレンジしてみてください。

※ 今回は会場の都合上、全てのサーボモータが近藤科学社製のものであるロボットに限らせていただきます。

<参考> 過去の出場ロボット
 二足歩行ロボット、六足歩行ロボット、自律ロボット、車輪ロボット、かわさきロボット、総武線、山手線(第2回優勝者)


 応募に際して、興味のある方はメールをお送りください。
 (応募締切:2010年9月12日(日)まで。)




「時間差バトルロイヤル ルール」

■ 正面と向正面のロープを外したリングで戦う。
■ 始めは2名のロボットで戦う。
■ 試合が始まって、1分毎に参加ロボットが1名ずつ入場し、試合に加わる。
■ ロボットが場外に落下した場合、そのロボットは失格となる。
■ スリーカウントフォールを奪われたら、そのロボットは失格となる。(フォールは何人でフォールしても構わない。)
■ 基本的にリング上では何をしてもOK。
■ 最後までリングに残っていたロボットが勝者となる。








トップに戻る
Copyright (C) 2006 Yoshifumi OMATA. All Rights Reserved.