2010年5月


 TAJIRIに学ぶエンターテインメント (2010.05.30)

 昨日はロボスポでサッカー練習をした。関東支部メンバーが揃って練習するのは初めて。関東支部は今、皆モチベーションが高いです。なぜかというと、前回のKONDO CUPでポッと出の3人娘に全てをもっていかれたから。 小麦粉にリベンジしないと腹の虫が収まらないのです。正直、私的には今、次回「できんのか!」開催の前準備とかしたいのですが、小麦粉が頭の中にチラついて、筆が進まないのです。 なもんで、、、来週のKONDO CUPで優勝して、その上で堂々と小麦粉にリベンジ戦を申し込みたいと思っております。

 昨日はロボスポ練習を早めに切り上げ、新宿へプロレス観戦。「SMASH」という興行を見に行きました。結構、自分自身、プロレスに関しては辛口な方ですが、このSMASHは期待に応える凄く良い興行でした。 正直「できんのか!」の目指すべきものは「マッスル」ではなく「SMASH」なのではないかと思うほど。このSMASHは、アメリカで活躍していたTAJIRIという選手がプロデュースしているイベントなのですが、やはりアメリカでトップを獲ってきたTAJIRIの感覚は素晴らしいです。 口では現わしづらいですが、ショーとしてのクオリティ、試合前の煽り、プロレスとしてのレスリングのレベル、ファンサービス、興行としてのパッケージ、どれを取ってもクオリティが高いです。

 この世界観、この肌感覚、忘れないうちに形に残したい。出場している選手とか、ほとんど無名な選手なのに、これだけの満足感、観てるものに印象を残すというのは、ホントに凄いことです。 ちなみに上の写真は、TAJIRIがフィンランドから発掘してきた「北欧の空飛ぶオカマ」ジェシカ・ラブ選手。会場には、知る人ぞ知る歌舞伎町の有名オカマバー「ヒゲガール」の人達も応援に来ていました。 ぶっちゃけ、キレイでした。ジェシカ・ラブもヒゲガールの人も…。

 だんだだん (2010.05.23)

 やっぱりROBO-ONE新潟大会は「だんだだん」で行く。復活させましょう、だんだだん。あまり今回の規定演技に対して乗り気ではないが、参加はしたいと思っているので頑張ろう。

 突然ですが、以下の曲、聞いてみてください。



 私はガンダムを含めアニメを全く知らないし、アニソンも知らない、普通の(?)男の子です。なので、他にも「だんだだん」って言ってる歌があったら、誰か教えてください。

 さて、アニバーサリーが終わったら、色々準備を開始しよう。下半期は、また仕事がブァァァーーって感じになりそうだけど、運勢を上げていきたいなぁ。

 ROBO-ONEサッカー (2010.05.22)

 4位でした。3位決定戦で「sky」に負けました。「SKY」に負けました。「空」に負けました…orz. 何だろう、キーパーやってるときの、あの失望感…。 ホントにスローモーションになるんだよね…。小麦粉のときの悪夢が蘇る…。

 でも、今回関東支部の助っ人として参加していただいたナガレテナイピンクは、大活躍をしてくれました。本当にありがとうございました! またナガレンジャージャンパーを着る機会がありましたら、宜しくお願いいたします!!ま、助っ人が一番凄いという、関東支部の伝統を何とかせなあかんなぁ〜と、今さらながら思ったのでしたが、助っ人というのはそういうもんだと思い直した、今日この頃です。ダメだ、もう眠くて思考回路が働かない!あぁ〜、徹夜は体に響くわ。。。

 またメキシコの友人のハートに火が点きました (2010.05.20)

 巷で話題のコレの「いっしょに これイチ!」。もう、心にグッと来ました(笑) ということで、ROBO-ONEサッカーのときに、色々な人で撮影をしようと思います! 多分大多数の人が撮影拒否すると思いますが、そのときは自作自演しときます…。しかし、このプロモーションは新しいなー。勉強になる。

 てか、今週の「anan」の妄想男子のグラビアが面白すぎます。これもこれで勉強になる!是非、マッチョ好きの女性の方は見てみてください(笑)

 メキシコの友人のハートに火が点きました (2010.05.16)

 また、凄い動画が公開されましたね。走ることもできる、バク宙もできる。何たるちあ、サンタルチア…。という訳で、さりげなく言い放っておこう。ラ・ケブラーダが見たいです。(アメリカではアサイ・ムーンサルトと言います。) しかしコレ…、ガルーとタッグを組んで、くまたろう、ちょこちょこ丸組でタッグマッチやったら、スゲーファンタジーな世界が魅せれると思う。筆が進みそう☆ あー、スゲー心がワクワクする。私も早くこんなワクワクが提供できる空間を創りたいっす!!

 ダイジェスト映像 (2010.05.15)

 この大会、観に行きたかっただけに、この映像がスゲー格好良く見える!でも、完全にテイストがPRIDEというかDREAMなんだよな…。 とは言いつつ、こんな映像を作ってみたいなぁー。

 ROBO-ONEサッカー (2010.05.13)

 さて、バッテリーをどうするか…。正直、準備してる時間がない…。金で解決するか。。。小麦粉にリベンジするためにも、実践経験は無駄にしたくない。 今回も助っ人として「ナガレテナイピンク」が登場する。「明るく、楽しく、激しく、そして新しく」やりましょう。

 しかし、プロレスが面白くて仕方ない。東京近郊に住んでてホントに良かった。4月、5月とユニオン、大日本、全日本、新日本、マッスル、そして29日にSMASH見てきます。 ヤバい、顔がニヤけてきたZE!

 小麦粉対策 (2010.05.09)

 GWも終わり、徐々に小麦粉の嫌な思い出が蘇ってきた。なので、小麦粉対策をしてみた。

 てか、散在さんのマッスルレポートが凄まじい。。。何か、色々と補足説明したくて堪らない感じですが…、一か所だけ補足させてください。 それは、第5試合の大谷晋二郎の試合。

 4人目に登場してきた「ケンドー・マジン」選手。これは、ケンドー・カシン選手の真似です。何を隠そう、そのカシンのマスクを参考にデザインしたのが、ミステル・タマオ総統のマスクです。 「ケンドー・マジン」選手はマスクの上からネクタイを巻いているとのことでしたが、それは総統のこの画像を見ていただければ分かるかと思います。頭の後ろからネクタイ(!?)が出てます。 ということで、カシン選手の補足説明でした。

 あとはもう1つ。5人目に登場した「金本ヒカル」選手。これは金本浩二選手の真似です。そして、真似してるのは佐藤光留(さとうひかる)選手。 あぁ、それで金本ヒカルかぁと思いきや、金本選手の奥さんが元女子プロレスラーのHikaruなんですねー。そう、金本浩二の奥さんは元レスラーで名前は金本ヒカル。 それで場内、どよめいていた訳です。まぁ、そんなどよめきも、佐藤光留の金本の声真似で全部もってかれましたが…。しかし、金本の入場テーマが当時の曲というのがまた憎い演出だ。

 そんなこんなで、マッスルについては面白かったのですが、個人的には色々と物申したいこともあります。 でも、私も「できんのか!」をやってみて分かるのですが、人を楽しませるイベントって凄く難しいです。 だから、私がマッスルについて、あーだーこーだ述べれば、それと同じことが私に返ってくる。マッスルと「できんのか!」ではイベントのクオリティが天と地ほど違いますが、色々と勉強になりました。 しかし今、プロレスが面白すぎる。真壁、鈴木みのる、葛西純、そして昨日はエル・サムライ。このGWのプロレスはスゲー密度が濃かった!元気をもらいました。ありがとう!

 ひらパー (2010.05.08)



 ちょっと凄いもの見つけた。。。凄い、マジで感心した。ようつべさんでブラマヨ小杉の動画を色々見てたら、↑の動画に行きついた。 番組の構成も上手いし、ブラマヨっぽいダークな内容だなぁなんて思って、、、ひらパーってどんなトコなんだろうとひらパーHPを覗いてみると…。 何か凄いことになっていた。

 凄いよね、ひらパーもブラマヨもどちらも損してない。まさに「ウィン-ウィン」の関係ですよ。誰が考えたんだろう、この企画。スゲー理想的なプロモーションだなー。 ひらパー行ってみたくなっちゃった☆こういう仕掛けが大事だよな…。うんうん、勉強になるわぁー。

 真壁刀義 (2010.05.06)

 福岡で私が涙を流した、中邑VS真壁のIWGP戦の煽りV。この煽りVの真壁の冒頭のコメント、格好良いです。どん底を見た男は格好良い。 中邑も格好良いけど、真壁はもっと輝いている。ヒールやベビーを超えた存在の真壁。勇気もらいます。真壁、サンキューな。

 第2回プロレス観戦ツアー (2010.05.05)

 

 独り旅(プロレス行脚)のおかげで、スッカリ小麦粉娘のことが頭から消えました。GWは、大日本プロレス(後楽園ホール)⇒全日本プロレス(愛知県体育館)⇒新日本プロレス(福岡国際センター)⇒マッスル(後楽園ホール)と、どっぷりとプロレスに浸かりました。まぁ、おかげさまでお金も「1(KHR3)」程すっ飛びましたが、1〜3月の仕事地獄の良いリフレッシュができたと思っています。 このプロレス行脚については、時間があれば追々コメントしていきます。

 そして、昨日はロボット関係者12名(石川さん、くぱぱさん、くままさん、KENTA、散在さん、柴田さん、引間さん、ブラックさん、ビスコさん、森永さん。吉田さん、私)で第2回プロレス観戦ツアーに行ってきました。 見に行ったのは「マッスル」という興行で、私の映像に関する師匠マッスル坂井が主催する興行です。 ロボットプロレス「できんのか!」は、このイベントをモチーフにして世界観を築いていったので、是非関係者の人には見てもらいたいと思っていました。 内容は、ちょっとマニアックな感じになってしまいましたが、最後は大谷晋二郎の「アメトーーク」ばりの演出でマッスル坂井をボコボコにし、プロレスの教科書を読み上げ、さらに、先日酔っぱらいを撃退し、マスコミを賑わせた鶴見五郎、いやツルティモ・ドラゴン校長が登場するなど、非常に密なイベントでした。 リングオブコントの形式は、是非ロボットでもやってみたい。

 詳しい内容(?)はそのうち散在さんのところにアップされるかと思います。是非ご参照ください。 ロボットプロレスに関しても、色々と参考になることはありました。 そして、ロボットプロレスの教科書5ページに書いてあるのです。「やっぱりプロレス、特にビッグマッチは、独りで見に行くもんじゃない」と。

 サンキューな。 (2010.05.04)

 遂に真壁がIWGPのベルトを奪取しました。大感動。プロレスから勇気をもらうとは、このことを言うのだな。(首からチェーンを巻きたくなる病が発病しそうです。) プロレスを見て泣いてしまった。真壁本人も言っているが、今の時代に必要なのはこういう人。 こんな時代だからこそ、どん底から這い上がってきた人が求められているのかも。

 真壁は試合後のマイクで、観客に向かって「死んでも言いたくねぇけどよ・・・、サンキューな。」と言いました。 昨年のプロレス大賞で、ベストバウトを獲った大日本プロレスの葛西純も、その試合後に「テメぇら(観客)みたいな、クソったれのキチガイがいる限り、俺っちは辞められないんだよ!!」と言いました。どちらも、観客に一言「ありがとう」と言えば良いものを、どん底から這い上がってきた人は、素直じゃありません(笑)でも、そこが良いんです。

 なんか・・・、何が言いたいか良く分からなくなってきたけど、要はプロレスはまだまだ面白いってこと。ということで、今日は東京に戻って、「できんのか!」な皆さんと第2回プロレス観戦ツアーです。まぁ、新日本のスタイルとは真逆の団体ですが、これもまたプロレス

 プロレス行脚 (2010.05.03)

 小麦粉娘の悔しさを未だに引きずってますが、徐々に精神的に立ち直ってます。その特効薬となっているのが・・・「プロレス」です。 このGWは、大日本→全日本→新日本→DDTとプロレスづくし!大分頭が感化されてます。 今日は、これから博多へ向かいます。「どんたく祭り」?いいえ、「レスリングどんたく2010」です!!!!

 こういう、ワクワクするようなストーリーラインとマッチメークを「できんのか!」でも心掛けたいですネ。

 小麦粉娘にやられた… (2010.05.01)

 

 今日はKONDO CUPのKHRクラスでした。我らが関東支部、残念ながらポッと出の娘達にやられてしまいました。いや、正確には引き分けなんですが、得失点差で決勝進出を逃しました。切ない…。 もう、ショック極まりないです。。。私はロボット始めて7年間、一体何をしていたのかと。先週といい、今週といい…、何たるちあ、サンタルチア… orz..

 やられてしまっても、あえて上から目線で言わしてもらう。小麦粉だか我孫子だか何だか知らんが、今日で終わりじゃないぞ!今日が始まりだ、コノヤローッ!!絶対にいつか小麦粉にリベンジしてやる。

 という訳で、精神的に立ち直るために、明日から旅に出ることにする。ツイッターで「なう!なう!」一方的につぶやこうと思っています。このHPにもリンクさせておくので、私の私生活にご興味のある方は、どうぞご覧ください。次のロボット系イベントは、5月4日(火)の第2回「できんのか!」プロレス観戦ツアー in 後楽園ホールです。ロボット関係者、総勢12名でプロレス観戦いたします。 観戦に行く皆さま、どうぞお楽しみに!



トップに戻る

Copyright (C) 2006 Yoshifumi OMATA. All Rights Reserved.